暮らし

とちぎ・さいたま・いばらき・ぐんまママの今を知りたい!【COULEUR MAMA PRESS - 2021.05.06】

コロナ禍でお出かけと家計はこう変わった!

コロナ禍にあって、子育て中の家族の生活はどのように変わったのでしょうか。レジャーや外食の機会が減る中、逆に増えた家計の支出は?支出やレジャー、イベントについてアンケートを実施しました。

現在のレジャーやイベントなどのお出かけの回数は「20 % 以下に抑えている」ママが7割近く。レジャー・イベント参加を大きく絞っています。ただ、「いちご狩りに行きたいが、コロナ対策のイメージがつかず足踏み」の声もあり、感染対策さえ示されれば来場したい意欲も伺えました。

コロナ禍以前と比較して、家計の支出の中で「増えた使い道」は、外食機会の減少や在宅勤務の増加を反映し、「食費」がトップ。

また、見逃せないのが水道光熱費と日用品代。「夫のテレワークでトイレットペーパーの使用量が増えた!」というママの悲鳴もありました。そんな中、うれしい「貯蓄」も4位にランクイン。浮いた支出を貯蓄に回した家庭もあったようです。

逆に家計の支出の中で「減った使い道」としては、「レジャー費が減った」というママが87%にも。外出機会が減ったことにより、「外食費」「交際費」「洋服代」「美容費」なども軒並み減少しています。

家計全体として目立つのは、「増えた使い道」に比べて「減った使い道」の方が多いこと。子育て家庭がコロナ禍で支出を減らしたことが伺えます。家計の収支については、むしろ改善された家庭が多かったのかもしれません。

実際にいばらきのママに聞いてみた – REAL VOICE

県外に旅行することは控えるようになりましたが、おうちで過ごす中でトランプや将棋をしてみたり、お味噌をつくってみたり、おうち時間の楽しみを見つけ、子どもとゆっくり過ごす時間が増えました。(K.I)

子どもたちの生活が制限されせっかくの卒業学年の子もいるのに簡素化、行事も親一人しか行けないなどの対応で、仕方ないのだがかわいそうだった。よかったことは、無駄、煩わしいと思っていた親の出る幕が減ったこと!役員だったので。(ほー)

オンラインでイベントなどに参加できるので、時間や場所にとらわれず参加しやすくなった。家ならお出かけする準備も必要ないので楽です。(やまぴ)

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧