pick up レシピ 楽しむ

夏だから。 トマト!トマト!トマト!【特集】

みんな大好き、 真っ赤で甘いトマト。

「子どもが好きな野菜」調査によると、 「トマト」は10年連続で1位だそう。

おいしそうな、まんまるトマト、 このままかじっちゃうのもいいけれど、 さて、どうやって料理しよう?

かじっちゃう前に、 さあレッツクッキング!

〈 炊飯器でまとめてつくる 〉タンドリーチキンと まるごとトマトのピラフ

< 材料 3~4人分 >
● 米…2合
● 水…300ml
● ブイヨン顆粒…小さじ1/2強
● トマト(中)…2個
● ローリエ…1枚
● 鶏もも肉…1枚
● レモン…適宜
★ヨーグルト…大さじ3
★塩…小さじ1
★カレーパウダー…小さじ1
★ニンニク(すりおろし)…小さじ1/4

< つくり方 >
❶★を合わせて保存袋やバットに入れ、鶏もも肉を30分以上漬ける。米は研いでザルにあげておく。トマトはヘタを取り、ヘタと反対側に十文字に切れ目を入れる。
❷炊飯器に米・水・顆粒ブイヨンを入れて軽く混ぜ、①のトマト・鶏もも肉を入れ、ローリエを載せて普通に炊飯する。炊きあがったら、鶏もも肉・ローリエを取り出し、トマトを崩しながら全体を混ぜる。
❸②と食べやすくカットした鶏もも肉を合わせて器に盛り付ける。
※レモンを添え、好みのタイミングで搾りかけるのもおすすめ。

〈 真っ赤なひんやりデザート 〉ミニトマトとグレープフルーツのゼリー

< 材料 4個分 >
● ミニトマト…1パック
◎ハチミツ…大さじ3
◎レモン汁…小さじ1
● グレープフルーツ…大1個
● トマトジュース…100ml~
★ゼラチン…5g
★水…大さじ1
※★は合わせてふやかしておく。

< つくり方 >
❶ミニトマトは洗ってヘタを取り、ヘタと反対側に楊枝などで穴を開ける。鍋に湯を沸かし、ミニトマトを入れて10~20秒で冷水に取り、皮をむく。
❷耐熱容器に◎を入れ、600Wの電子レンジで30秒加熱する。①を加えて、冷めるまで置く。冷めたらミニトマトを取り出し、トッピング用の4つを除き、それぞれ器へ入れる。マリネ液は取っておく。
❸グレープフルーツは皮を厚めにむいて果肉を取り出し、トッピング用の4つを除いてそれぞれ器へ入れる。皮に残った果肉から果汁を搾っておく。
❹計量カップに、②のマリネ液・③の果汁を入れ、合わせて250mlになるようにトマトジュースを加えた後、小鍋に入れる。沸騰寸前まで加熱し、弱火にして★を加え、ゴムベラで混ぜ溶かす。ゼラチンが完全に溶けたら鍋を氷水に当て、混ぜながら粗熱を取り、器に注ぐ。
❺冷蔵庫で2時間以上冷やし、トッピング用のミニトマト・グレープフルーツを飾って完成。
※ハチミツを使っているため、1歳未満の乳児には与えないでください。

〈 ミニトマトまるごと1個入り! 〉ミニトマトとハムの春巻き

< 材料 10個分 >
● ミニトマト…10個
● ハム…2.5枚くらい
● (お好みで)レモンの皮…1/4個分
● 春巻きの皮(ミニ)…5枚
● 揚げ油・塩・山椒…各適量

< つくり方 >
❶ハムは1/4、春巻きの皮は1/2(長方形)にカットする。レモンの皮を入れる場合は、黄色い部分だけを薄くむき、千切りにする。
❷春巻きの皮を縦に置き、ハム・レモンの皮・ミニトマトの順に載せて包む。包み終わりに軽く水をつけ、10秒ほど握って接着させる。
❸160~170℃の油に②を入れ、薄く色づくまで揚げる(②が半分ほど浸かるくらいの量の油で転がしながら揚げてもOK)。お好みで、塩・山椒を添える。
※揚げたては、中のミニトマトが熱いので注意。半分にカットすると、子どもも食べやすい。

 

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧