楽しむ おでかけ

遊びもイルミネーションも楽しめる!「霞ヶ浦総合公園」(土浦市)【ママライターイチ押し】

茨城県の県南にある霞ヶ浦は、日本で2番目に大きい湖。

遊覧船クルージングや、帆引き船の見学、ヨットやジェットスキーなどの水上スポーツ、釣りを楽しむことができます。

私は今までの生活の大部分を茨城県の県南エリアで過ごしているので、霞ヶ浦(と筑波山)はまさにわが心のふるさとなんです。

その霞ヶ浦の湖畔にどーんと広がるのが、今回ご紹介する「霞ヶ浦総合公園」です。
この公園内にあるプールは私が小さい頃からお世話になっていて、夏になると家族で通っていました。

そんな私の心のオアシスに、先日、娘たち、お友だち母娘と一緒に出かけてきましたので、レポートしますね!

“飛行船ツェッペリン号”で遊び疲れたら芝生でのんびり過ごそう

とても広い園内ですが、まずは子どもたちと広場で遊びましょう。
駐車場から鯉のいる池を見ながら進むと、芝生広場に到着です。むむ、丘の上に何か浮かんでる?

これは「ツェッペリン号」という飛行船型の複合遊具で、わが家の子どもたちが大好きなところ。
ジャングルジムやネット登り、大小いくつかの滑り台があり、飛行船本体にたどり着いたら階段でかなり高い所まで上がれます。

子どもたちは登っては下り登っては下りを繰り返し、なかなか戻ってきません。

そのほかにもローラー滑り台や、小さい子でも遊べる遊具などが点在しているので、子どもたちはあっちへこっちへと忙しく走り回ります。

全力で走れる広い芝生エリアも、ツェッペリン号のある丘までの坂道も、子どもたちにとってはうれしいポイント。

ママたちは子どもが疲れるのを待ちましょう。
この芝生にレジャーシートを敷いて、あるいはベンチやあずまやで、のんびり過ごすには最適です。

淡水魚と童話のコラボレーションにほっこり♪

ちょっと場所を移動してみます。道を渡って、目を引くのはオランダ風の風車です。

高さ25メートルの風車は、この公園のシンボルとも言える存在で、展望台に上ると霞ヶ浦や筑波山の美しい姿を見ることができます。春にはこの風車の周りをたくさんのチューリップが咲き乱れ、外国にいるかのような気分に!

 

風車近くにある「ネイチャーセンター」には淡水魚がいます。現在冬の特別企画展「物語の世界」と題して、淡水魚の水槽が子どもたちにおなじみの童話や昔話の世界に!

とってもかわいい物語の登場人物とお魚たちの共演は、思わずほっこりしてしまいます。
ネイチャーセンターでは子ども向けのワークショップも定期的に開催されているそうですよ。

“水郷桜イルミネーション”に子どもたちの目もキラキラ…

夕方になるにつれて胸がソワソワしてきました。子どもたちも、まだかまだかと催促の嵐です。
何を待ち焦がれているかというと、これからイルミネーションが点灯されるのです。

「水郷桜イルミネーション」と名付けられたもので、今年度で6回目になるそうです。

もちろんシンボルの風車もキラッキラになります。イルミネーションは年々進化を遂げていて、暗くなるとたくさんの人たちが訪れます。

もう子どもたちは大興奮。集まった人々からも「わーっ」と歓声が上がります。

今回は土浦市のキャラクター「つちまる」くんも登場していて、一緒に写真撮影をする人たちで賑わっていました。

霞ヶ浦の帆引き船やハスの花…

筑波山、土浦の花火、光のトンネル…

果樹園…霞ヶ浦周辺を代表するものが飾られていて美しいこと!
3歳の娘も「きれーだねー」と何度も言っていました。

このイルミネーションは11月から始まって、翌年2月中旬まで行われています。長期にわたって楽しめるのもありがたいですよね。

プールやレストハウス、日帰り温泉施設もあります

ところで、広大なこの公園には、様々のイベントやスポーツの大会が行われる体育館やサッカー場、テニスコートなどスポーツ施設のほか、レストハウスや日帰り温泉施設も揃っていますし、夏の間オープンする「水郷プール」も人気です。

2011年の東日本大震災では、この公園も液状化などの影響を受け、水郷プールが利用できなくなっていましたが、2016年に無事にリニューアルオープンされ、夏のお出かけ先として人気スポットになっています。まさに待ち望んだオープンでした。

プールは「流れるプール」「ウォータースライダー」「25メートルプール」「ちびっこプール」と分かれていますので、小さなお子さまも安心して遊ぶことができます。
「ちびっこプール」は夏のオープン前とクローズ後に一時的に無料開放されることもあるのがうれしいところです。

イルミネーションを見ているうちに体が冷えてきたので、帰ることにしました。車が走り出した後も、子どもたちはキラキラの公園を振り返りながら「きれいだったねー、楽しかったねー」と話し、ママは子どもたちのキラキラの笑顔に寒さを忘れるのでした。

このように霞ヶ浦総合公園は、土浦市民はもちろん、周辺地域の人々の集いの場、憩いの場であり、行けば何か楽しいことがある場所です。

霞ヶ浦から吹く風を感じながら、楽しい時を過ごしてみませんか?
ぜひ、お友だちと、ご家族と、行ってみてくださいね!

 

霞ヶ浦総合公園


住所:土浦市大岩田1051
電話:029-823-4811
営業時間: 公園は24時間開園。施設により営業時間は異なります
定休日: 公園は無休。施設により定休日は異なります。
HP:http://www.city.tsuchiura.lg.jp/section.php?code=58
駐車場: 800台

あーママ

ああ言えばこう言う5歳と、「どうだった?」と聞くと「うん、どうだった!」と自信満々で答える3歳の娘たちを相手に日々たたかっているアラフォーママです。最近は娘たちを連れてキャンプやフェスに行くのがモーレツ楽しいです!

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧